2016年 講談社  本文挿絵イラスト一部担当